iPhoneの大きさ

これまでのiPhoneは持ちやすく片手で操作しやすい大きさにこだわっていましたが、アンドロイド端末が大型化する中、新型ではサイズを大きくしているのが特徴といえます。

2種類の大きさがありますが、ひとつは手頃な4.7インチディスプレイを採用し、もうひとつは5.5インチディスプレイを採用しています。

4.7インチサイズは片手でストレス無く女性でも使用できる大きさとなりますが、5.5インチではスマートフォンとタブレットPCの中間的なイメージとなります。
ファブレットというジャンルに近い内容となりますが、片手では操作が難しい大きさとなります。

特に手の小さな女性では5.5インチサイズは持て余してしまいますが、大きさを苦にしない機能が導入されているため使い勝手は考慮されています。

iPhoneの最新情報を紹介しています。

iPhoneの魅力の一つに取り扱う携帯会社が多い点がありますが、大手3社が全て採用しているため、自由に回線を選んで契約することが可能です。
大手3社に全て採用されている機種はほとんどありませんので、購入しやすい環境が魅力となります。



販売価格は高くなりますがiPhoneにはSIMフリーモデルが販売されています。大手3社ではSIMフリーiPhoneの販売は行われていませんので、購入するには正規販売店を利用する必要があります。
人気の高いiPhoneですが、大手3社が販売している他の機種とは機能が異なりますので、必要な機能に合わせて比較することが大切です。